技術でクルマの未来を創る

バイオスシステムは30 年以上にわたり、クルマづくりに欠かせない計測システム製品群をお客様に提供してきました。常に最新技術を取り入れながら、使用される現場に即して改良を重ね、お客様のニーズや社会の要請に応えることができたと自負しています。

これからのクルマは、電動化や自動化•知能化などが進むことでさらに高度で複雑なシステムにになろうとしています。そのクルマを評価•検証する手法や道具も、それに見合う高度なものにならなくてはなりません。「正確な計測こそが品質の礎になる」との考えのもと、これからも信頼のおける評価•計測の製品群を提供してまいります。

GPS

カーナビなどに使用されるGPS(全地球測位システム)の受信機と加速度計などを組み合わせることで、従来のパルス式や光学式の速度計を上回る精度や信頼性を実現「GVS 速度・距離計」が誕生しました。さらにGPS/GNSS による高精度測位技術を応用した「RTK 車間距離計」を中核技術とし、クルマの自動化•知能化のトレンドに対応した多様な製品群を提供しています。

運転支援システムや自動化

安全な自動車を作るため、正確で信頼のおける計測システムは欠かせません。運転支援システムの浸透や自動化の進展に伴なってクルマというシステムに加わる新しい機能がしっかり働き、他の機能と干渉せず、信頼のおけるものであることを確認するうえで、試験•評価システムの重要性も高まっています。

自動車産業に対する取り組み

当社は完成車メーカーや部品メーカーなど、自動車産業に関わる幅広い層に製品•システムを提供しています。お客様の日々の業務をサポートする製品•システムの提供を通じ、よりよいクルマづくりに貢献しています。

公的研究機関などへの協力

さらに当社は自動車産業に関わる民間企業だけでなく、科学捜査や自動車安全に関わる公的研究機関にも、製品やシステムを提供しています。こうした協力を通じ、よりよいクルマをつくるだけでなく、よりよいクルマ社会を実現する一翼も担っています。