車速計の校正

GVS(R) 速度·距離計は、「走る」「曲がる」「止まる」という自動車の基本性能を正しく評価する上で、欠かせない役割を果たします。

100 分の1秒ごとの正確な速度を取得するGVS(R) 速度·距離計を、車速計( スピードメーター) の校正·評価に用いることができます。

自動車の性能を正しく評価するには、信頼できる速度計が欠かせません。「GVS速度·距離計」はカーナビや位置測位に使われるGPS 衛星の信号を利用した、正確な速度計測器です。

パワートレインの種類を問わず、自動車が動くものであるかぎり、その性能を正しく評価するには、信頼できる速度計が欠かせません。自動車開発のあらゆるシーンで、さまざまなセンサや車両からのデータを解析する上で、車速はもっとも基礎となるものだからです。

「GVS(R) 速度·距離計」は精密測量に使われる高性能GPS/GNSS 受信機(※1)と、高精度の加速度計を当社独自の技術でカップリングし、100 分の1秒刻み(オプションで200Hz)で正確な車速を出力する計測器です。50.00m の区間を設定しての、10km/h ~ 180km/h の定速·加速·減速による校正試験において、速度と距離計測の精度は「±0.06%·距離±3cm以内」と確認(※2)されています。

出力はアナログ·パルスおよびUSB(シリアル通信ポート)に対応しており、既存の計測システムに容易に組み込むことができます。この技術を発展させ、さまざまな試験や評価に対応したモデル(距離計測(距離校正)·ブレーキ試験·発進加速·追抜き加速·最高速·走行抵抗·ロガーモード·車速計の校正)を揃えています。

ラインナップ