コーストダウン計測システム

コーストダウン計測システムは、走行抵抗を算出する際の惰性走行試験の計測と計算をするシステムです。
計測開始のボタンを押せば、後は自動的にノートパソコンに計測データを保存します。計測終了後は面倒なジャーナルの集計、データ入力の必要はありません。


■車速検知方式は、第五輪式、光検出式、レーダー検出式のいずれでも可能です。 ■試験開始時に一度スタートボタンを押せば、車速にあわせて自動的に計測、データの収集を開始・終了します。複数回続けて計測する場合でも、途中で操作する必要がありません。 ■車速変換器にジャイロ・コンパスを内蔵。車両の走行方向も車速データと一緒に保存されます。 ■ノートパソコンと信号中継器はUSBを使用して接続します。お手持ちのDOS/Vノートがそのまま使えます。 ■各国基準に合わせて計測データを自動的に処理。シャーシダイナモに設定する負荷もあわせて計算されます。(A,B,C項の計算)